セルビア文化

現代セルビアは、その国の遺産への敬意と、まだ、世界の標準に従っています。

これには、wellcomingセルビア目的地を作るものです...

最古の集落

これらの土地の歴史は、最も古い既知の集落にまでさかのぼります。。 その穏やかな気候、豊かな土壌、豊富な水のため、セルビアの土地はヨーロッパ最古の文明の発祥地となりました。 ドナウ川の川岸での探検により、レペンスキヴィルの文化が明らかになり、 新石器時代の最初の組織化された集落。 そこからさほど遠くないのに、考古学者はスターチェボの文化を発見しました。 Lepenski Virの.

ベオグラードからそれほど遠くない場所にあるビンチャの文化は、青銅器時代の最も顕著な文化と考えられています。 イリュリアと部族の文化をさらに発展させるための拠点と考えられています。

古代マーク

ヨーロッパと中東の交差点に位置するおかげで、古代には多くの文明がここに足跡を残しました。 確かに、最も尊敬されるマークの1つはローマ帝国に属しています。

セルビアは17ローマ皇帝と数百人のローマ将軍の祖国です。 今日、長い間忘れられていた都市 Viminacium ローマ人の間で魔法が完全に尊重されていることを明らかにします。 スレムスカミトロヴィツァの町の王宮は、その前身である町 シルミウム –ローマの4つの首都の1つ。 ザジェチャルの町の近くの皇居– フェリックスRomuliana –歴史上最も尊敬されるローマ皇帝の一人であるガイウス・ヴァレリウス・マクシミアヌス・ガレリウスの家であることを誇りに思っています。 ニシュ市は市民を誇りに思っています。偉大な皇帝でありキリスト教の確立者であり、 コンスタンティヌス大帝.

中世セルビア王国

中世のセルビア王国はこれらの土地に繁栄をもたらしました 経済的観点と文化的観点の両方で。 東のビザンチン帝国、西のベニス共和国、北のハンガリー王国との緊密な関係のおかげで、セルビア王国は東西の仲介者として尊敬されていました。

後に セルビア王国の崩壊 オスマン帝国のもとで セルビア修道院 セルビアの遺産と国民意識の保護者になりました。 セルビアの反政府勢力とオスマン軍の間の紛争の間、修道院は大衆の避難所になりました。 残念ながら、時代の間に頻繁に戦うために、多くの修道院はすべての所有物とともに略奪され破壊されました。 現在、これらの聖域の多くは、 ユネスコの監督.

現代のセルビア状態

現代の19世紀のセルビア国家はセルビアをヨーロッパに戻しました。 セルビア知的エリートが戻ってきて、ヨーロッパの豊かな文化亡霊に新しい視点や恐るべき芸術家を与え、国民の間でルネッサンスを作りました。

しかし、最も重要な変更がヴーク・カラジッチにより改質されたセルビア語のアルファベットで起こったので、すべての音が作り、1文字に対応します セルビア語のアルファベット 世界で最も簡単な1。

EXPLORE

享有

セルビア楽しみとHEDONISTS選択肢を模索したいですか?